回転機(モータ)の基礎

広義のモータとは、電気エネルギーを機械エネルギーに変換する装置と言える。
しかし、その分野は広く、電磁力によるもの、電気力によるものなどいろいろだ。
ここでは、通常、私たちがモータと聞いて思い浮かべる回転機を概説したい。
つまり、電気エネルギーから、回転を得る機械である。

回転機は、電磁力から回転を生み出している。
駆動原理から大きく分けると、2つの流れに分類される。

整流子型

モータブラシと整流子により、入力電流を整流して、駆動するもの。
多くはDC入力のDCモータであるが、AC・DC両用のユニバーサルモータもある。

DCモータ DC入力を整流子で整流して駆動するモータ。
界磁磁石に何をつかうかで、電磁石界磁型と永久磁石界磁型に分類される。
ユニバーサルモータ AC・DC両用のモータ。

回転磁界型モータ

AC入力で、駆動するモータ。

リラクタンスロータ型モータ ロータに鉄などの磁性体を用いたモータ。

永久磁石ロータ型モータ ロータに永久磁石を用いたモータ。

電磁石ロータ型モータ ロータに電磁石を用いたモータ。

インダクションモータ ステータの作る回転磁界とロータの作る誘電磁界の相互作用で回転するモータ。


モータ用語