【短信】Bitcoin:Mt. Goxに次いでBitstampでもトラブル

ロンドンを本拠としスロベニアの銀行を使って決済を行うビットコイン取引所Bitstampが10日、引き出しを停止した。
ビットコイン取引所では、Mt. Goxが7日からソフトウェアの不具合を理由に引き出しを停止している。

Bitstampの発表では、停止の理由はDoS攻撃を受けたからだという。
これだけを見ればMt. Goxとは異なる原因のように見えるが、どうだろうか。
両社ともにトラブルについての説明が十分でないように見られ、メディアは短く、しかし大きく報じている。

この2つのトラブルには関係があるのか、ないのか。
可能性は3つ:

 ・全くの偶然が重なっただけで関係ない
 ・Mt. Goxでのトラブルがビットコインへの信認を揺らがせ、Bitstampのトラブルを誘引した
 ・2つのトラブルには語られていない同根の背景がある

こういううがった見方を誘っている。
P2Pでも大きなノード(取引所)が育つと、システミック・リスクから無縁とは言えなくなる。
ボラティリティの高い仮想通貨であれば、その悪影響は驚くほど大きい。