Bitcoin:Mt. Goxのウェブサイトが表示不能に

東京に本拠を置くビットコイン世界第2位の取引所Mt. Goxのウェブサイトが表示不能となった。
Mt. Goxは今月初めに技術的トラブルによりビットコインの引き出しを停止していた。

まもなく再開するとのリリースをよそに、引き出しは再開していない。
先日は「セキュリティ上の問題」からオフィスを移転するとリリースしていた。

関連団体・企業からはMt. Goxを批難する声明が出された。
今回の問題はMt. Gox固有の問題であるとするもの。

同じく技術的トラブルにより停止し、その後引き出しを再開した取引所Bitstampでは、Mt. Goxダウンのニュースを受けてビットコイン相場が2桁の下落となっている。
ダウン前のMt. Goxでは、相場はこれを大きく下回る水準にあった。
Mt. Goxのビットコインは、すでに倒産リスクを織り込んでいたものと考えられる。