スタグフレーションを恐れず大胆な財政出動を

最近の民主党を見ていて、かねてからこう思っていた。
「税と社会保障の一体改革」ではなく、「税、行政と社会保障の一体改革」が必要だ、と。
しかし、昨日の地震で、このような静的な改革シナリオは意味をなさなくなった。

被災地の復興が一番の優先事項だ。
そのためには、
・被災地を除く地域での消費増税
・行政組織を機動的に活用し、復興支援
・(全国的な)社会保障は後回しでよい
に尽きるのではないか。

日本経済は生産、消費ともに下ぶれする。
一方で、インフレ要因も多い。
スタグフレーションのリスクは極めて大きくなったが、政府はそれを恐れず被災地支援にあたってほしい。