ガンドラック:Brexitと米大統領選

新債券王ことDoubleLine CapitalのJeffrey Gundlach氏が米英の政治についてコメントした。
英国のEU離脱の可能性を否定したほか、米大統領選にかかわる投資機会を語った。

ガンドラックからすれば、英国のEU離脱の是非を問う国民投票は金の無駄だという。1)
国民とはよくない点を指摘し文句を言いたいものだが、現実に何か進める段になれば、我に返るはずだという。

「知っている悪魔は知らない悪魔よりましだ。
スコットランド独立の投票を見ればわかる。
Brexitのボタンは押されないだろう。
現時点で考える価値もない。」

ガンドラック氏は、ポンド下落をヘッジするコストが上昇している点を指摘、こうしたコストは英国にとって見合わないと語っている。

ガンドラック氏は米大統領予備選にも言及した。
ドナルド・トランプ氏を「政治の世界のアンコンストレインド・ファンド」のようなものと形容した。
アンコンストレインド・ファンドは伝統的なファンドの魅力がなくなったために人気が出たといい、「アンコンストレインドだから、何がどうなるかはわからないが、私が嫌いな候補よりはいいだろう」と語った。
ガンドラック氏は、トランプ氏が共和党候補となれば、本選挙に勝つだろうと予想している。

ガンドラック氏は、トランプ氏の発言に一貫性のないことを認めつつも、2つぶれていない点があると指摘する。
一つは、国境の壁と防衛。
トランプ大統領となれば防衛関連銘柄が買われると予想する。
もう一つは財政。
社会保障を維持したまま、減税・財政支出を行うと言っている。
ガンドラック氏の不動産王への評価はこうだ:

「ドナルド・トランプは借金でのし上がった奴だ。
金の借り方をよく知っている。」

(出典)
1) The Financial Times (4/19/2016), 「Bond guru Jeffrey Gundlach: Brexit not going to happen」, http://www.ft.com/intl/cms/s/0/51c75de0-057f-11e6-a70d-4e39ac32c284.html (参照4/20/2016)