ガンドラック:トランプ大統領の大きな米国への道

新債券王ことDoubleLine CapitalのJeffrey Gundlach氏がスイス誌のインタビューで米大統領選と米金融政策について語った。
米大統領選はドナルド・トランプ氏が勝利し、米政府は債務増により束の間の好景気を迎えるだろうという。

トランプ大統領で軍拡、インフラ、債務増

米大統領選について、ガンドラック氏はトランプ氏勝利を予想している。1)
2月にはサンダース対トランプを予想、3月には「架空の話」としていたのが、今週にはトランプ氏が共和党候補となれば本選も勝利すると予想している。
有権者は、知っている嫌いなものより知らないものを好むからだという。
一方、民主党については、クリントン、サンダース両候補にかなり低い評価を下している。

ガンドラック氏によれば、トランプ大統領なら米国は大胆な債務拡大に踏み出すといい、しばらくは経済にプラスになると予想する。
トランプ政権は1960年代に似たものとなり、軍拡・インフラ支出に重点が置かれるという。
空港や兵器のために大きな支出が行われ、財政は大幅な赤字になる。

「トランプは借金なんてへっちゃらだ。
借金のプロだ。
彼の事業は長い間多額の借金を背負っており、いくつか会社も潰している。
債務をテコに好景気を作れると思う。」

危ない橋を渡りながら、レバレッジを効かせて国家を運営していくだろうという読みのようだ。

FRB利上げは頓挫し金と債券が買われる

ガンドラック氏は、FRB利上げが頓挫すると予想している。
結果、金と債券が買われるという。

最近、トーンの不一致が目立つFRBについては、イエレン議長のハト派的スタンスが実現するという。
3月29日の議長の講演後、多くのFOMCメンバーが4月利上げの可能性を排除すべきでないと示唆しているが、来週予定のFOMCで利上げが実施される可能性は低いという。
昨年12月からのFRB利上げプロセスは市場を混乱させてしまったと批判し、「市場はFRBに、ばかげた予想を捨てろと侮辱しているんだ」とガンドラック氏は吐き捨てた。

(出典)
1) NewsMax (4/23/2016), 「Gundlach: Trump Will Win, ‘Idiotic’ Fed Has Given Up on Rate Hikes」, http://www.newsmax.com/Finance/StreetTalk/Jeffrey-Gundlach-DoubleLine-Trump-Fed/2016/04/22/id/725335/ (参照4/23/2016)