ジム・ロジャーズ:あなたの暮らしは国によって破壊されている

冒険投資家ジム・ロジャーズ氏が、Presidentのインタビューに応えた。1)
興味深い発言を拾っておこう。

相変わらず、ロジャーズ氏のアベノミクス評は厳しい。
アベノミクスは崩壊していると断じている。

自国通貨の価値を下げると短期的な効果が得られるので、政治家は即効薬としてこの政策を使いたがりますが、歴史上うまくいった例はない。
借金大国はこれからも借金を続けるでしょう。
自分たち以外に日本国債を買う人なんていないのに。

ここで興味深いのは「自分たち以外に日本国債を買う人なんていないのに」という部分。
積極財政派は国内消化を日本国債の健全性の重要な根拠として挙げている。
身内からの借金、円で生きている人からの借金の方が安全というロジックだ。
しかし、そうしたロジックと真逆の見方をする人もいる。

人口が減り続ける一方で借金は増え、通貨は下落する。
そのうえマイナス金利では、日本はどうやって生き残るのですか?
インフレが進み、生活のコストが上がる。
あなたの暮らしは国によって破壊されているのです。

人口動態から見て、いつかは貯蓄を取り崩す社会になることが見込まれる日本で、国内からの借金だから安心という話には無理があるのかもしれない。

各国が放漫財政を続ける中、ロジャーズ氏はリーマン危機を超える危機がやってくるという。

安倍首相には「辞任しなさい。それが無理なら、無駄遣いはやめて借金を減らし、減税を行い、紙幣の印刷機を破壊しなさい」と助言したい。

と日銀の金融政策を完全否定している。
さらに、政治についても辛口なスタンスを語る。

皆さんも“抗議する候補者”に投票すべきですよ。
そうしなければ、日本の問題はなにひとつ解決しません。

ロジャーズ氏らしい語り口だ。

では、日本の政治・経済政策を悲観しているロジャーズ氏の投資推奨は何か。
いろいろ各論が語られているが、その根幹はこうだ。

何にせよ、日本の皆さんも国外に資産を持つべきです。
あなたの財布の中にある千円札の価値は、市場では下がっているんですよ。

日本は本当に住みにくい国になった。

(出典)
1) President Online (5/2/2016), 「ジム・ロジャーズ『私が最近売った株、買った債券』」, http://president.jp/articles/-/17911 (参照5/11/2016)