【輪郭】笑いの消えた市場のゆくえ

対岸の火事ではない

彼らの話は対岸の火事についての話ではない。
これら予想が実現するなら、それは米金利低下要因となり、円高要因となる。
FRBの金融政策はもはや最重要の問題ではないかもしれない。
金融引き締めができないほどの米経済では、金利は上がっていかない。
いわば、経済の内側から生じる低金利が問題なのだ。

ダンスをやめられない

老人たちの抽象的な危機意識も最近では市場に乗り移ったかのようだ。
一方で、具体的な懸念要因は少なく、バスに乗り遅れることを皆が恐れている。
それだけに、すぐに瓦解が訪れるとも思えない。
レイ・ダリオ氏の言葉を思い出そう。

「ダンスを続けろ。
ただし、出口の近くで。
周りの気配に用心していろ。」


山田泰史山田 泰史
横浜銀行、クレディスイスファーストボストン、みずほ証券、投資ファンド、電機メーカーを経て浜町SCI調査部所属。東京大学理学部化学科卒、同大学院理学系研究科修了 理学修士、ミシガン大学修士課程修了 MBA、公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。

本コラムは、筆者の個人的見解に基づくものです。本コラムに書かれた情報は、商用目的ではありません。本コラムは投資勧誘を行うためのものではなく、投資の意思決定のために使うのには適しません。本コラムは参考情報を提供することを目的としており、財務・税務・法務等のアドバイスを行うものではありません。浜町SCIは一定の信頼性を維持するための合理的な範囲で努力していますが、完全なものではありません。本コラムはコラムニストの見解・分析であって、浜町SCIの見解・分析ではありません。