マンデルフレミングモデル, Mundell-Fleming model

開放マクロ経済学のモデルのひとつで、開放経済下における金融政策・財政政策の効果を分析するのに用いられる。
(IS-LM分析に加えて、国際収支の均衡を示すBP曲線を用いて政策の有効性を考えるもの。)
ロバート・A・マンデル、ジョン・マーカス・フレミングの名前から、こう呼ばれる。

このモデルでは、
 ・小国の仮定(自国の経済規模が小さく、外国の経済活動に大きな影響を与えない)
 ・資本移動は完全に自由
 ・遊休設備の存在
を仮定する。