この借金は元が取れる先行投資なのか

財務省は今日10日、国の借金が860兆2,557億円(6月末時点)になったと発表した。
過去最大の債務だという。

いうまでもなく、経済刺激策のための財政出動が増加の主要因である。
経済対策は不可避だから、国家債務の増大もやむをえないとはいうものの、危機感は募るばかりだ。
経済が停滞し、GDPも縮小するなかで、借金が増えるのはなんとも不都合だ。

時事通信によれば、国民1人あたりにすると約674万円、3月末から3カ月間で約10万円増加したという。
給与が伸びるような環境でない中、3か月で10万円も借金が増えたと思うと、すさまじいペースだ。
これからも当分、経済対策等のための財政出動は続くだろう。
日本という国家、そして円はどうなっていくのだろうか。

前の記事

投資家不在の格付け

次の記事

日本企業の淘汰が始まる