日本国債は暴落しないのか

為替や株式の水準に注目が集まっている。
少し前には、円高・株安が世間を不安に陥れる展開もあった。

ここでは、為替でも株式でもない、国債に注目しよう。
日本国債は暴落しないか。
もしも暴落すれば、それは円金利の暴騰と同義であり、為替や株式にもシャープな変化が起きよう。

日本の国の債務は莫大だ。
普通なら国債を売る動きがあってもおかしくない。
しかし、そうはならない。
日本国債の投資家は日本人だからだ。
日本人が銀行に預けた預金が、国債を買うのにあてられている。
日本人は、たった1%前後の金利でも、律儀に銀行預金にお金を置いている。

あるエコノミストは、こういう現状から、
 あと10?20年は国債市場は暴落しない
と分析した。
果たして、そうだろうか。
未来は、未来を予想した時から変化を始める。
合理的な手法によって、10?20年後に暴落するリスクが予想されたなら、なぜ、投資家は10?20年を待つのか。
それを待たず、事前に投資回収するのも合理的な行動ではないか。
誰かがそうすれば、いずれ雪崩を打って、他の投資家も投資回収するだろう。
バブルのいつもの構図だ。

日本の国家財政は悪化する一方だ。
同時に民間セクターは疲弊を続けている。
国債市場への圧力は日に日に強まっていると考えた方がよい。