60年償還ルール

日本国債は60年かけて現金償還するというルール。
国債は償還期限を迎えると、一部が現金償還され、残りは公債(借換債)発行でリファイナンスされる(国債整理基金特別会計法)。
減債制度の基本となっている定率繰入の繰入率が、約60分の1に相当する100分の1.6とされているのはこのため。