物価連動国債の流通利回りの時系列データ(月次)

実質金利としての代用やブレークイーブン・インフレ率(BEI)の計算に使われる物価連動国債について、月末の期間別の流通利回りを推計した。

物価連動国債の期間別金利(CSVファイル)

推計の基礎となるデータは、

極めて粗い推計であることを留意されたい。

English


なお、固定金利の国債利回りの期間別時系列データは、
 国債の流通利回りの時系列データ(月次・暦年・年度)
を参照されたい。

(備考)
(2014/12/30備考)
2014年9月頃より、償還間近の銘柄を中心に、計算される流通利回りが債券利回りとして明らかに不適当と見られるデータ点が発生した。
原因は明らかではないが、
 ・1年後に消費増税が控えていたこと
 ・10月末に消費増税の延期が決まったこと
 ・そもそも物価連動国債の市場には厚みがないこと
 ・残存の短い債券ではそのような影響が強く出ること
などが影響しているものと見られる。
従前は明らかに不合理なデータ点のみを無視してイールド・カーブを計算してきたが、次第にこの影響が広範囲にわたるようになった。
そのため、計算方法を12月度より変更し、遡及修正している。
具体的には、異常値のデータ点を無視するのではなく、そのようなデータ点の影響を受ける年限の利回りを計算しないこととした。

(2013/10/31備考)
2013年10月より物価連動国債の発行が再開した。
結果、5年以下の利回りの他、10年もの利回りが計算できることとなった。
これにともない、欠けている6年から9年ものについて、補間により推計することとした。

(2013/2/28備考)
2013年1月度まで全期間(4年半)のデータを用い単回帰分析してイールド・カーブを計算していたが、2月度より方法を変更した。
各期間の近傍のデータのみを抽出し、単回帰分析することとした。

(2012/2/13備考)
日本の物価連動国債は2004年から約4年半ほどの間に16回発行されたが、その後途絶えている。
市場の厚みは他の国債ほどなく、16銘柄でイールド・カーブを描いても、驚くほどにいびつなものとなる。
そのため、期間別の推計もあえて単回帰分析にとどめたが、それでも「蛮勇を奮った」という感が強い。
推計値の有効数字にしても、%にして小数1桁もないといった印象を受けた。