フィッシャーの交換方程式, equation of exchange

貨幣量と物価の間の関係式。
貨幣数量説における重要な関係式の一つ。

M・V = P・Q
 M: 流通する貨幣(通貨)の総量
 V: 貨幣の流通速度(貨幣が使われる頻度)
 P: 物価水準
 Q: 取引量(人々のあいだで行われる取引量の合計)

David Humeの考えをJohn Stuart Millが発展させIrving Fisherが数式化した。