全世界所得課税

居住地国内外を問わず法人税を課税する。
ただし、国外での所得への国内での課税は国内に配当される時点で行われ、その際、国外での納税額を税額控除する。
後者の仕組みから、外国税額控除制度とも呼ばれる。
(ほとんどの全世界所得課税では、外国税額控除が行われるため。)

日本、米国、イギリスなど、多くの国で採用されているが、見直しも盛ん。
日本は2009年から国外所得免除制度へ移行。

参考: 国外所得免除制度