裁定の限界, limits of arbitrage

裁定取引にはさまざまな原因により限界が存在すること。
Andrei ShleiferとRobert W. Vishnyにより1997年に提唱された。

仮に裁定に限界が存在しないとすると、無制限に裁定取引が行われ、市場は常に合理的な価格形成を行うこととなる。
これは現実とは異なっており、そのことから裁定の限界の存在が示唆される。