トップダウン・アプローチ, top-down investing

ポートフォリオ構築において、まず全体の経済・市場・産業動向など、よりマクロな要因から投資の配分を決めていくやり方。
世界経済の分析から始まり、国別・産業別などの配分を決め、より詳細なセグメントへと投資検討を移していく。

(参考)ボトムアップ・アプローチ