なんぴん買い

難平買い。
すでに保有している株式の市場株価が下がった際に買い増しをして、平均取得価格を下げる買いのこと。
平均取得価格を下げられることに注目して、企業が減損処理の回避に使うことがあり、問題視されている。