トービン税, Tobin tax

外国為替取引への課税。
投機目的の短期的な外国為替取引を抑制するため、1972年にジェームズ・トービンJames Tobinが提唱した。