AC-LED

交流で駆動するLED。
AC-LED では直流化電源回路がなくすむため、部材コスト削減、低消費電力が実現できる。
Seoul Semiconductor(046890 KS、韓国)、Epistar(2448.TT、台湾)が先行する。
現状、チップ価格が高く、明るさがDC駆動のLEDより暗い、ちらつきがあるなどの欠点がある。