原子状的競争, atomistic competition

市場の両方の参加者が無数におり、完全競争の仮定が実現している状態。
この状態では、規模の経済が働かない、または、そのアウトプットが市場の規模に比べ無視できるほど小さい。