マクロプルーデンス, macro prudence

金融システムの監理・監督において、経済のコストの回避を目標として、金融システム全体に危機が及ぶことを防ごうとするアプローチ。
具体的には、金融システム全体の状況やシステミック・リスクの分析・評価、システミック・リスクの抑制策やその勧告などが挙げられる。

ミクロプルーデンス