ドッド=フランク法, dodd-frank wall street reform and consumer protection act

米国で2010年7月21日、オバマ大統領が署名し成立した米国金融規制改革法。
2009年12月2日、Barney Frankにより下院に、Chris Dodd委員長により上院銀行委員会に提案された。
同法はリーマンショックと前後の不況に対応して作られ、大恐慌後で最も広範な金融規制の変更となった。

・金融システムのアカウンタビリティと透明性を改善することで金融秩序の安定を図る。
・「too big to fail」を終わらせる。
・金融機関の救済を終わらせることで、納税者を守る。
・金融サービスの乱用から消費者を守る。
等を目標とし、金融に対する規制を強化する内容となっている。