ブッシュ減税

George W. Bush政権において、2001年、2003年に実施された減税措置。
景気浮揚を目的に、暫定的に所得税などの税率を引き下げた。
暫定的なものとされながら、次のオバマ政権の時期まで継続している。