フィリップス曲線, Phillips curve

Alban William Housego Phillipsが1958年に示したインフレと失業の関係性。
縦軸にインフレ率、横軸に失業率をとった時、右下がりの曲線となるというもの。

短期的にはインフレと失業にはトレード・オフの関係があることを示す。
つまり、
 インフレ率が高いと失業率は低下し
 失業率が高いとインフレ率が低下する
という関係。

経済政策を考える上では
 雇用を改善しようとするとインフレが発生
 インフレを抑制しようとすると失業率が上昇
してしまうというインプリケーションになる。