オークンの法則, Okun’s law

Arthur Okunが1962年に提唱したGDPと失業の間の経験則。
GDPと失業の間には安定的な負の相関関係があるとする。

この経験則は2つの示しかたがある。
 乖離形式: GDPギャップと失業率の間に負の相関があること。
 差分形式: 実質GDP成長率と失業率の差分の間に負の相関があること。