ストロングハイブリッド、マイルドハイブリッド

トヨタ自動車による、モーターの駆動率によるハイブリッド車の方式の区分。
ストロングハイブリッドとは、走行条件に応じて、エンジンとモーターを最適の出力配分とするシステム。
ストロングハイブリッドでは、エンジンとモーターが対等な動力源として考えられており、モーター単独での走行も可能。
大きな燃費向上を期待できる。
トヨタのハイブリッドカーの多くはこの方式で、将来的にも有望とされている。

マイルドハイブリッドとは、エンジンを主要な動力源とし、停止・発進時にモーターを補助的に利用するシステム。
モーター単独での走行はできない。
構造がシンプルだが、燃費向上の効果は、ストロングハイブリッドほどではない。
トヨタでは、クラウン・マイルドハイブリッドなどで採用されているほか、ホンダもこの方式を採用している。