マーシャルのk, Marshallian k

マネーサプライ(M2+CD)を名目GDPで割って得られる数。
国の経済活動に対し、マネーサプライが適正な水準であるかを示す。

イギリスの経済学者Alfred Marshallが考案した。
貨幣の流通速度の逆数。
この値が大きいほど、世の中に多くの金が流通していると解釈される。