タックス・パラドックス, tax paradox

税率引き下げがタックス・ベースの拡大を引き起こし、結果として税収を押し上げること。