二番底, double dip

テクニカル分析において、株価下落時に一度安値をつけた後、再度同じような安値をつけること。
一度目の安値よりも、二番底の後の方が上昇に転じる事象が多いことから注目される。