インバーター, Inverter

直流電力から電気回路によって交流電力を生成する装置・回路。
直流から交流を生成することを逆変換(Invert)と呼ぶことから、この名前がある。
(順変換する装置・回路を整流器と呼ぶ)

機械的に交流を得る回転機(電動発電機)と異なり、機械的要素が不要なため、効率・保守に優れている。
(だたし、コンデンサーは有寿命であるので、定期的に取替えが必要)

回路の主要部品である半導体素子には、オン抵抗の低いIGBTやMOSFETが用いられる。
これらトランジスターとコンデンサーほかの受動素子から構成される。

モーター制御、無停電電源、分散電源の出力調整、照明器具の安定器、加熱器の電源、高周波電源(電子レンジなど)など用途は幅広い。
広義のインバーターでは、高度な制御を用い、節電のために使われることも多い。

広義のインバーター

産業用などでは、コンバーターと狭義のインバーターを組み合わせたAC入力・AC出力の装置をインバーターと呼ぶ。
広義のインバーターでは、相、周波数、電圧を変換することを目的としている。