不胎化介入, sterilized intervention

為替介入を行う場合、外貨売買により自国の通貨量が増減する。
この増減を相殺するような金融調節を同時に行うことによって、マネーサプライの変化を防ぎつつ行う為替介入のこと。
不胎化を行えば、為替介入にともなう金利の乱高下を防ぐことができるが、為替介入の効果は減殺されてしまう。

具体的には、
 ・円安に対する介入: 国債・手形の買いオペ等で円資金を供給
 ・円高に対する介入: 国債・手形の売りオペ等で円資金を吸収
が一般的。