the United Shareholders of America

USAとも呼ばれる。
米国の著名な投資家で、アクティビストとしても知られるCarl Icahn氏が2008年10月に始めたコーポレート・ガバナンスについての運動。
企業経営者による会社の私物化を廃し、株主が会社の変化を推進できるようにすることを目的としている。