清算計画, resolution plan

金融機関を金融システムへの悪影響なく清算させるための計画。
living will、funeral planとも言う。

2009年9月のG20において、国際金融システムの維持のため重要性が認識された。
イギリスでは、2010年4月のFinancial Services Act 2010で作成義務が盛り込まれた。
米国では、2010年7月のドッド・フランク法で規定され、金融システムにとって重要な金融機関に連邦準備委員会、金融安定監視協議会、連邦預金保険公社への提出が義務付けられた。