金融相場

景気後退や低調な企業業績にかかわらず、株式市場が上昇すること。
金融緩和や設備投資の手控えなどにより滞留した余剰資金が株式市場に流入するなどして発生する。

金融相場では企業業績に関係なく、低位株などが売買高をともなって上昇することがある。
景気が回復に転じると、手控えられていた設備投資が活発化し、株式市場に流入していた資金が逆流を始める。
こうなると、金融相場は終わり、業績相場へと移行する。
(対義語)業績相場