CATボンド, catastrophe bond

自然災害(地震、台風・ハリケーン、洪水など)が発生した場合に、償還元本が減少する債券。
この対価として、投資家は同水準の格付の普通社債よりも高い利回りを受け取れる。

CATボンドはそのリスク・リターンが通常の普通社債等と異なる性質を持つ。
投資家にとっては、高い利回りを得られるだけでなく、ポートフォリオのリスク分散に用いることができる。

発行会社は、高い利息を支払うかわりに、対象となる自然災害が発生した場合、災害の大きさに応じてあらかじめ約束した金額を受け取れる。
発行会社にとっては、損害保険と同じような効果を得られることになる。