金融抑圧, financial repression

政府・中央銀行が市場の趨勢より著しく低い水準に金利を設定すること。
もともとは、より広義な意味で使われた用語であった。

Joseph Eugene Stiglitzは、実質金利がマイナスになるまで金利を低下させることと定義し、「金融抑制」と区別した。
このような場合、貯蓄者は実質金利がマイナスであるために貯蓄の実質的価値を失うこととなる。
政府が貯蓄者から富を収奪する「隠れた徴税」手法として注目されている。