ゼロ金利制約, zero lower bound

ZLB。
名目金利がゼロより低下しないために、中央銀行の金融政策での経済刺激が困難になること。
ゼロ金利になると、利下げの余地がなくなるだけでなく、流動性の罠が発生し、金融政策が効果を失ってしまう。

マイナス金利政策が採用され、市場金利もマイナスになったことで、ゼロ金利のところに限界が存在しないことが明らかになった。
ただし、その場合も、ゼロ金利のところで金融政策が効果を失うとの主張は否定されない。