三井ハイテック (6966) 第3四半期決算

三井ハイテック (6966)

2022年1月期第3四半期は売上高が前年同期比42.0%増、営業利益が同5倍超となった。
旺盛な半導体・EV向けにより電子部品・電機部品が増収に寄与。
利益面では特に電子部品における収益性改善・原価低減、電機部品によける原価低減により大きく拡大した。

同社は通期業績予想を上方修正している。
電子部品が前回予想を上回るとの見方だ。
前回予想に比べ、売上高を2.4%、営業利益を12.1%引き上げた他、期末配当を前回の18円から55円に引き上げている。

次の記事

萩原工業 (7856) 通期決算