レイ・ダリオが言いたかった1937年

先日FPで紹介したRay Dalio氏のSNS投稿は日本ではすっかり過小評価されてしまったようだ。
従来からの研究に基づく警戒感を示したものだったのだが、主要メディアはただダリオ氏が弱気に転じたとの捉え方をしたようだ。(浜町SCI)
続きを読む レイ・ダリオが言いたかった1937年

【輪郭】試されるリフレのロジック

12日のジャネット・イエレンFRB議長の議会証言はハト派的と受け止められ、米市場は株高・ドル安で反応した。
証言がハト派となった背景には米経済の日本化、米エコノミストの変心を感じさせるところがあった。
続きを読む 【輪郭】試されるリフレのロジック

【輪郭】金融検査マニュアル封印が暗示する未来

森信親 金融庁長官が金融庁を処分庁から育生庁へ進化させようと頑張っている。
そのため1999年制定の「金融検査マニュアル」を封印するということだが、このニュースに危うさを感じたのは筆者だけだろうか。
続きを読む 【輪郭】金融検査マニュアル封印が暗示する未来

【グラフ】金利上昇を心配する前に

大統領選挙後の米金利上昇の影響で円金利が上昇している点に関心が集まっている。
日銀の長期金利ターゲットの実現可能性が試されているとの見方も多いが、思い込みを持つ前に国債発行の基本を理解しておきたい。
続きを読む 【グラフ】金利上昇を心配する前に

【重要】「ニュース&コラム」移転のお知らせ

ご愛顧いただいております「HSCIニュース&コラムですが、この度ニュース関連記事を移転、

新サイト「The Financial Pointer」(フィナンシャル・ポインター)

としてリスタートすることになりました。
なお、コラムについては現サイトにて継続いたします。

お手数ですが、ブックマーク等の変更・追加をお願いいたします。

新URL http://www.financialpointer.com/jp/
RSS http://www.financialpointer.com/jp/feed/
Twiiter @FinclPointer
FaceBook @TheFinancialPointer
Google+ https://plus.google.com/u/0/104289203568227419981/

今後とも、ご愛顧いただけましたら幸いです。

Bloomberg:中央銀行だけでできることは限界に達した

注目度:

Bloombergの編集委員会が、日本銀行に対して痛切な批判と提案を行っている。
広義のヘリコプター・マネーは採用すべきでないとし、日本に大胆な財政・金融政策の協調を求めている。(The Financial Pointer)
続きを読む Bloomberg:中央銀行だけでできることは限界に達した

河野龍太郎氏:新自由主義はどこで間違ったのか

注目度:

BNPパリバの河野龍太郎氏がReutersに寄せたコラムで、世界で吹き荒れる反グローバリゼーションの高まりに危機感を露わにしている。
各国の新自由主義的政策に欠けていた点を洗い出し、格差問題への対応策を提言している。
続きを読む 河野龍太郎氏:新自由主義はどこで間違ったのか

ヘリコプター・マネーってなに? いまさら聞けない経済重要用語解説

注目度:

浜町SCIでは、Amazon Kindleにて、電子書籍『ヘリコプター・マネーってなに?: いまさら聞けない経済重要用語解説』を出版しました。

最近、急速に注目されている「ヘリコプター・マネー」という言葉、実はとても誤解されている言葉でもあります。
本書では、この言葉の定義と仕組み・効果を端的に解説しています。

11,000字、図表あり、価格は0.99ドル(100円前後)です。
続きを読む ヘリコプター・マネーってなに? いまさら聞けない経済重要用語解説

ラグラム・ラジャン:経済成長は中身が重要

注目度:

インドの中央銀行(RBI)ラグラム・ラジャン総裁が、GDP成長率についてコメントした。
成長率がどれだけ高いかが重要なのではなく、成長の中身が重要と語った。
続きを読む ラグラム・ラジャン:経済成長は中身が重要

浜田宏一教授:制度としてのヘリコプター・マネーに反対

注目度:

内閣官房参与 浜田宏一 イェール大学教授が、制度としてのヘリコプター・マネー導入に反対した。
手法としてヘリコプター・マネーを合法化すれば、インフレへの歯止めがなくなるという理由。
続きを読む 浜田宏一教授:制度としてのヘリコプター・マネーに反対